アイシーオーのすまいづくり・インテリアづくり

cmico.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

水戸岡鋭治さんの仕事とパース

f0154243_838202.jpg遅ればせながら、素晴らしいデザインの仕事をご紹介します。



「何?遅いよ」と言われてしまいすね。でも知りませんでした。水戸岡さんが九州で列車のデザインをこんなにされていたなんて・・・。

私が水戸岡さんを知ったのは、もうかれこれ30年ほど前、ある住宅メーカーののカタログや小冊子のパースをされたときです。



白い空間にビビッドな色彩のアクセントを用いたインテリア、とても印象的で個性的でした。
パースが、そのまま水戸岡流デザインになっているのです。



たまたまこの本と出合い、ここ20年来のお仕事を知りました。



それはそれはとても魅力的な本です。

インテリアデザインをもった列車の全体のデザインです。

それだけにとどまりません。乗務員のユニフォームやお弁当、また駅舎のデザインま
で・・・。



原点は列車の旅の時間を豊かにしたいということですね。
こんな発想をこの時代に具体化できたこと奇跡に思います。



子供にも大人にも、日本人にも国外からの旅行者にも、専門家にも生活者にも楽しめ
る絵本であり、旅行誌であり、美術書であり、デザイン指南書でもあります。



パースの力を実感しました。


f0154243_8395828.jpg
f0154243_8402453.jpg
f0154243_8402597.jpg
f0154243_8404860.jpg
f0154243_8404790.jpg




この本を紹介する小学館のサイトです。
http://www.shogakukan.co.jp/tabisurud/


JR九州のサイトです。
http://www.jrkyushu.co.jp/index.html

クルーズトレイン「ななつ星in九州」ご覧下さい。

素敵な旅の提案です。
[PR]
by ico-project | 2012-05-30 08:41

湯船につかる国のスマホ

f0154243_11594938.jpg


またまた日経朝刊です。

DOCOMOのスマートフォンのPR、お風呂で使えるスマートフォン(防水)だそうです。

お風呂は何も考えず、ゆっくりと心身を解きほぐす場・・・と、お風呂にテレビが入ってきたとき、そう思ったものでしたが。

今では私も携帯人間、スマートフォンはまだ使っていませんが、お風呂で本を読んだり,ブログを書いたり、音楽聞いたりなんて日が来るのかしら・・・、否私はやっぱり違いそう。

でもお風呂で使いたい人多そうですね。
あ!たしかに、連絡待ちなんてとき、待たずにお風呂に入れるのは便利かな。

これ置くための棚考えなくちゃ・・・。


あなたはいかがですか?
[PR]
by ico-project | 2012-05-29 12:03

オレンジだから・・・見せたい炊飯器

f0154243_8561226.jpg今日の日経、三菱電機の「パッションオレンジ」の炊飯器を取り上げていました。

内容のテーマは、家電というより、どこまで許される大胆発想・・・企業の発想の柔軟さ、ということですが、キッチンの色ということで考えると、このオレンジありですね。

オレンジ色のキッチン扉や、キッチン小物いろいろあります。

オレンジは太陽の色、生命力や活力を感じさせる色です。

食を作り出す場の色としてはとてもふさわしい色ですね。


コーディネートを考えたとき、長く使う設備機器にはなかなか大胆な色を採用することは、勇気がいります。

それに、キッチンがリビングやダイニングとオープン化しますと見せたいというより見えてしまいますね。

小物や家電などでアクセントの色を加えるというコーディネートは一つの方法かなと思います。

「もっと明るくかわいく」という女性企画部の発想とのことですが、可愛くということであれば、形ももうちょっとかわいらしさが出せると・・・という感想です。
(これはこれでとても美しい形だと思いますが。)





オレンジ色のアクセントを使ったキッチン
f0154243_9111859.jpg



みなさんいかがですか?
[PR]
by ico-project | 2012-05-28 08:57

「省エネ・照明デザインアワード2011」

エネルギー消費量の約20%を業務部門が占め、業務部門のCO2排出量の20%を照明が占めています。

例えば、業務部門における40W以上の蛍光灯器具を全て初期照度補正(*)と昼光利用を取り入れた調光型照明器具(通常の銅鉄式の蛍光管と比較し60%以上省エネ)に買換えると、全体で約1千万tのCO2排出量を削減できると試算され、エネルギー効率の高い省エネ型の照明の導入促進は業務部門からのCO2排出量の削減対策及び電力のピークカット対策として重要となっています。

(環境省:「省エネ・照明デザインアワード2011」事業概要より)

この照明の省エネ化が大きな課題ということで、環境省が、優れたデザインで省エネを達成している計画に対し評価する「省エネ・照明デザインアワード2011」を実施しました。

2010年にも行われたようですので、2年目ということでしょうか。

評価項目は・・・、

①省エネ型の照明設置効果から見た有効性・適切性(温室効果ガス削減寄与度)
・CO2削減効果及び省エネ効果(創エネの観点含む)はどのくらいか。
・使用している省エネ型の照明器具の選択は適切か。

②デザイン性、先進性、独創性、快適性
・省エネ型の照明を導入した空間を設計するにあたり、デザイン性に配慮した点があるか。
・省エネ型の照明導入の取組として、他では見られない先進的な内容、独自の取組があるか。
・照明と建築やインテリアとの調和がとれているか。
・照明演出の方法に独自性があるか。
・省エネ型の照明を導入したことにより、安らぎのある快適な空間づくりに寄与した点があるか。

③モデルとしての再現可能性、地域貢献性、自立性
・省エネ型の照明未導入企業等が再現可能な程度にモデルとして自立しているか。
・地域の市民や企業等のCO2排出量削減努力を促す上で省エネ型の照明導入モデルとして効果的であったか。

④実用性・経済性
・メンテナンスやリニューアルを考えた実用性を備えているか。
・省エネ型の照明を導入したことにより、コスト削減につながった点があるか。

④その他
・本取組について、継続して実施できるものであるか。
・省エネ型の照明の導入以外に省エネに対する取組を実施、継続しているか。
・省エネ型の照明未導入の施設所有者等に対して、省エネ型の照明買換えの重要性、省エネ型の照明機器の有効性に対する理解を深めるとともに、省エネ型の照明買換えの先進事例として普及し、省エネ型の照明未導入の施設所有者等による主体的な省エネ型の照明導入行動を実際に呼び起こす契機となるか。

その受賞物件が、少し前のことですが本年2月に発表されています。

評価された物件を見てみますと、

・以上のような評価基準から、確かに、建築物と照明、空間と照明、対象物と照明、人の行動と照明、メンテナンス性等コンセプトが明確に感じられること。・・・当然ですね。

・見た目に、今までの明るさなどとあまり変わらないように見える・・・(もっと減らすことができるのではないかと思えるほど)

・LEDの活用で、天井照明表現が大変美しくなった。(天井材や設備機器との構成)

・LEDの活用で、光源色の変化、調光などデザインやう機能が広がっていること。
http://shoene-shomei2011.jp/bins/repot-trend-naturallight.pdf

・タスク&アンビエントの考え方で、配置(家具)との一体性としてのデザインが生まれている。
http://shoene-shomei2011.jp/bins/report-trend-task.pdf

・プロのプランナーや器具メーカーとのコラボレーション等考える計画になってきている。


ということなどが、それらの計画から読み取れます。

いろいろな受賞の中で、身近にあるセブンイレブン(コンビニ)の店舗照明計画に親近感と共感を覚えました。
f0154243_7282948.jpg


セブンイレブン京都出世稲荷前店(平成22年1月20日施工)
http://www.challenge25.go.jp/shoene-shomei/model21/pdf/08.pdf

セブン-イレブン綾瀬深谷南1丁目店
http://shoene-shomei2011.jp/bins/report-seven.pdf

「省エネ・照明デザインアワード2011」
http://shoene-shomei2011.jp/

これらの事業は、2009年9月、鳩山内閣総理大臣がニューヨークの国連気候変動サミットにおいて、我が国の目標として、温室効果ガス排出量を2020年までに1990年比で25%削減することを表明した事に対して、実施されてきたものです。しかし、昨年大きな震災を経験し、その要求はさらに大きなものとなりました。

事例の多くは大型施設です。大型施設もさることながら、中小の店舗や事業所等の計画への広がり、さらに灯数等縛りこんだ計画を期待したいと思います。


照明計画が大きく変わっていきます。




*初期照度補正とは  
蛍光灯は新品時100%の照度で寿命まで少しずつ暗くなっていく特性(寿命12000時間で照度70%程度)を持っていますがこれを常に一定(70%)の明るさで調光させる事で約15%の電気を節約する事が可能となります。電球交換時の余分な明るさを抑えるためのインバーター安定器に内蔵された機能。

詳しくはコチラを・・・
http://www.jeea.or.jp/course/contents/09105/
[PR]
by ico-project | 2012-05-23 07:11

ピンクだから・・・ハローキティ

今日のI氏のメルマガ、NHKスペシャル『追跡!世界キティ旋風のナゾ』を取り上げていました。

・・・キティ躍進のほどが身近でも十分解ります。

女の子が2人いる息子の家には、キティグッズがいっぱいです。

2~3歳の子供が大好きなのです。と思いきやおとなも同様です。

ママの携帯ケースはキラキラ輝くデコキティ・・・。

「ハローキティ」は今世界109の国と地域に広がり躍進を続けています。

その領域は社会主義国やイスラム国、軍事政権国に及ぶのだそうです。

躍進の理由を15ヵ国に取材したNHK、その購買動機の第1位が「ピンクだから」・・・、取材陣も唖然としたとあります。

勿論その裏には様々な戦略があることとは思いますが、色の持つ訴求性の大きさ、人が色に感じるイメージが国や民族や宗教を超えて、本能的に変わらないことが解ります。

(生理的、本能的な色の捉え方のほかに、その国独自の文化による色の捉え方もあります。)

色は感性・感情にストレートに働きかけるとともに、また生理的に身体に影響を与えます。

暖色系が体感温度を上げたり、青色が呼吸を落ち着かせ血圧を下げたり・・・、

私たちも空間計画のとき、色の持つ感情や効果を考慮して計画をします。

ピンクは、気持ちを穏やかにし、緊張感を解します。優しい愛情を感じます。

以前、浴室のカラーコーディネートにご主人がピンクを要望される傾向を感じたことがありました。

外で心身ともに疲れて帰宅したご主人がリラックスできる色がこの色なのだなと、納得したものでした。

今はユニットバスのコーディネートも洗面所やパブリック空間との連続性や統一感から木質をアクセントにしたり、アイボリー(ホワイト系)で統一したりと、コーディネートへの要求も変化してきましたが・・・。

ピンクはハローキティのキャラクターにぴったりの色ですね。

このキャラクターの普及とともに、世界が平和になってくれるといいのですが・・・。

サンリオの願いも「世界中がみんななかよく」でした。
http://www.sanrio.co.jp/characters/nakayoku/index.html




f0154243_11305420.jpg

[PR]
by ico-project | 2012-05-21 20:00

お天気がいいので・・・。

日曜日、お天気がいいので、こどもたちを連れて、親戚の畑にイチゴ摘みにいきました。

(ちなみに500坪ほどの家庭農園)

ことしは、大変豊作とのこと、いろいろな種類のイチゴをたくさんいただいてきました。

虫が食べたり、鳥も食べにくるのだそうです。

頂いてきたイチゴ、大粒はパクパクと頂き、小粒はジャムに・・・お砂糖少なめにしたのですがちょっと甘すぎました。

ヨーグルトにかけたら、美味しかったです。

電子レンジでつくるとさらに簡単です。
http://allabout.co.jp/gm/gc/73736/
[PR]
by ico-project | 2012-05-20 20:00

スガツネ工業新作発表会

金物メーカー「スガツネ工業」の新作発表会に行ってきました。

横浜の山下公園沿いにある「産業貿易センター」での開催です。

やはり、扉金物に目がいきました。開口部や家具の扉です。

フラット引き戸金物や、上吊り式の扉など、空間を広くフレキシブルに、開閉自在に、すっきりとまた広く使うハードウェアーが多く見られました。

さて、この機会にと申し込んだセミナー「スペースデザインこれからの方向性」を拝聴してきました。

これから・・・に惹かれて申し込みましたので、期待していました内容とは異なりましたが、講師、店舗デザインナーの小坂竜氏の数々の事例を拝見でき楽しいひと時でした。 

小坂さんは、乃村工藝の商環境事業本部 A .N .D .クリエイティブディレクターというお役職で、国内外・・・とくに中国でホテルや飲食店のデザインを数多くされています。

事例は完成度の高い内容のものばかりで、商業空間としてインパクトのある、話題性のある、また実質的に集客力のある空間を目指したものです。

デザインの特徴をまとめますと、和風はモダンに、洋風はトラディショナル(重厚に)というものが多く見られました。

自然素材をいかした内装や造作物、作家がつくるオブジェクト、水や火、風また風景など自然を効果的に取り入れ、トラディショナルなデザインには、今まで長く使っていたような古味を付加して、安らぎ感や落ち着きを感じさせる手法を取り入れています。

照明や光の使い方もなかなかいいですね。
「昼間の照明と夜の照明それぞれを効果的に・・・」というのは、住宅にはない視点ですね。
確かに省エネの時代、昼間の照明や採光は店舗づくりの工夫が必要ですね。

計画手法や手順、デザインポイントなど住宅と変わりませんが、徹底して空間を作り上げる技は店舗ならこそで、面白く拝見しました。

バブル崩壊以降、またリーマンショック以降特に海外での仕事が多くなり、今半々くらいなのだそうですが、これからまずます海外の仕事の比重が高くなってくるだろうとのこと。

和風+オリエンタル+欧米・・・、デザイン様式もグローバルに融合していっているようです。

以下商店建築のホームページには、小坂氏の仕事が多く紹介されています。
http://ds.shotenkenchiku.com/default.php/cPath/130

スガツネの新作発表会は、この後静岡、浜松を巡回するそうです。
空間づくりの裏方、ハードウェアーメーカーの製品を知るのも面白いですよ。
(招待状が必要です)
[PR]
by ico-project | 2012-05-18 20:00

「1/fゆらぎ」をとりいれる

風に揺らぐ木々を見ていて、「1/f・揺らぎ」という言葉を思い出しました。

私が1/f揺らぎという言葉を耳にしましたのが、もう何年も前、確か家電メーカーの扇風機かエアコンの送風についての解説だったと思います。

いまだ1/f揺らぎの学術的な解説やメカニズムについえは理解できませんが、自然の揺らぎが、私たちの心理に及ぼす、なんともいえぬ安らぎ感は誰もが体験的に感じていることだと思います。

ゆらゆらとそよ吹く風

風に揺らぐ木々のざわめき

光と影をつくる木漏れ日

水面にたつ漣

漣が作りだす光の動き

軒を打つ雨音

ろうそくの炎

暖炉の燃える火

小川のせせらぎ

蛍の光

障子に映る陰翳の揺らぎ

モーツアルトの楽曲

風鈴の音



(以上すべて主観です)

これに加えて、天体も人間の心拍や目の動き、体温、脳波のα波、人の声も「1/f揺らぎ」のひとつだそうです。

この生体のリズムに呼応する自然の揺らぎが、人に限りない安らぎを与えるのですね。

人間だけではなく、動物も同様だそうです。

また植物も、音楽を聞かせると果実が豊富に実ったり、すくすくと育ったりという話を聞きますと同様なのかなと思います。

家の計画やインテリアの計画のとき、こういった揺らぎをいっぱい取り入れられる工夫をしていきたいものです。

例えば、

障子は揺らぎを光と影に替えて投影する幕体です。
障子を用いない場合は、ナチュラルなロールブラインドや和紙のスクリーンがその代りとなります。

ざっくり織られたケースメントカーテンは、木漏れ日のような光を室内に作り出します。
(近年ケースメントカーテンは種類が少なくなって残念です。)

庭に作った池は、水面に光を反射し室内に揺らぐ光を作り出します。

暖炉の火の揺らめきは安らぎに引き込みます。

天窓は光の移ろいを取り込みます。

木目の素材は緊張感を解きほぐします。

ざっくりと織られた繊維は肌になじむ安らぎが感じられます。

扇風機も一定の方向に一定の風を投げかけるより、回転させた方が心地いいです。

吹き抜けの天井にゆったりと回る天井扇。

またこんな経験もあります。

まぶしいはずのクリア電球(フィラメント)が、目になんとも心地よさを感じさせたことがありました。

1/f揺らぎの研究の第一人者武者利光先生によると、安らぎを作り出すためには、1/fの揺らぎを持つものを見たり、聞いたり、感じたりすること・・・、とのことです。

人工的なものより自然の素材、均一なものより不均一なもの、規則的なものより不規則性を持ったもの・・・、そういったものが安らぎを与えるというのは、解りますね。

理論はともかく、ストレスを和らげる住まいをつくって行きたいものです。

以下は、
武者利光先生の「1/fゆらぎは謎だらけですが、非常に大きな可能性を持っています」というインビュー記事です。
At home教授対談シリーズ こだわりアカデミー 
インタビュアー アットホーム社長 松村文衛氏
http://www.athome-academy.jp/archive/mathematics_physics/0000000230_01.html





さて、最後にこの曲を思い出しました。孫が気に入っている子守唄です。
この曲の安らぎ感は、・・・「1/fゆらぎ」をもった曲でしょうか?????


[PR]
by ico-project | 2012-05-16 20:00

もう一つの母の日

母の日は母を思い労う日であるとともに、平和と非武装、子供たちの健やかなる成長を願う日でもあります。

「セーブ・ザ・チルドレン」では母の日にちなみ「お母さんにやさしい国ランキング」を発表しています。1位はノルウェー、最下位はニジェール、さて日本は・・・。

『母の日レポート』詳細はコチラを・・・、
http://www.savechildren.or.jp/scjcms/everyone.php?d=814?MM1205


「セーブ・ザ・チルドレン」の活動をご紹介します。
http://www.savechildren.or.jp/about_sc/index.html
[PR]
by ico-project | 2012-05-14 20:00

母の日・・・そろそろ夏の準備

母の日の祭日、いかがお過ごしでしたか?

さわやかないいお天気でした。

私の母は、私に孫ができてから「もう母の日は卒業、これからは敬老の日をいわってくれればいい。」と・・・。 

そんな母を囲み、花が咲いたように美しいケーキとお茶で、女同志、日々を、ねぎらい合いました。

帰りにホームセンターへ、そろそろ夏の花やハーブ、グリーンカーテンの準備です。

もうゴーヤの苗出ていますよ。

いくつか種類があります。

昨年も2種購入し、葉のしげり方が異なりました。

「葉が茂ればいい・・・。」と顔見知りの店員さんに聞きますと「太レイシがいいですよ。」とのこと。その苗を4本購入しました。

60CM間隔に4本、幅180CMのグリーンカーテンになります。

他にハーブを数種、花は来週ですね。
[PR]
by ico-project | 2012-05-13 21:50