アイシーオーのすまいづくり・インテリアづくり

cmico.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

『陰翳礼讃』に描かれた厠の豊かさ

先回は、谷崎潤一郎の『陰翳礼賛』に描かれた日本の美についてご紹介しましたが、その中で、厠の空間について語っている一章があります。

勿論、そこで描かれている厠をそのまま、今の住宅に再現することは、環境的にも、建築的にも、そしてなにより志向的にも難しいことと思いますが、そこに描かれている空間としての豊かさ、美しさは正に哲学的ともいえる本質を語っていると思うのです。


ちょっと長くなりますが、一節をご紹介しましょう。

   私は、京都や奈良の寺院へ行って、昔風の、うすぐらい、そうして
   しかも掃除の行き届いた厠へ案内される毎に、つくづく日本建築の
   有難みを感じる。茶の間もいいにはいいけれども、日本の厠は実に
   精神が休まるように出来ている。それらは、必ず母屋から離れて、
   青葉の匂や苔の匂のして来るような植え込みの蔭に設けてあり、
   廊下を伝わって行くのであるが、そのうすぐらい光線の中にうずく
   まって、ほんのり明るい障子の反射を受けながら瞑想に耽り、また
   は窓外の庭のけしきを眺める気持ちは、何とも云えない。漱石先生
   は毎朝便通に行かれることを一つの楽しみに数えられ、それは寧ろ
   生理的快感であると云われたそうだが、その快感を味わう上にも、
   閑寂な壁と、清楚な木目に囲まれて、眼に青空や青葉の色を見る
   ことの出来る日本の厠ほど、恰好な場所はあるまい。そうしてそれ
   には、繰り返して云うが、ある程度の薄暗さと、徹底的に清潔で
   あることと、蚊の呻りさえ耳につくような静かさとが、必須の条件
   なのである。私はそう云う厠にあって、しとしとと降る雨の音を聴
   くのを好む。殊に関東の厠には、床に細長い掃き出し窓がついて
   いるので、軒端や木の葉から滴り落ちる点滴が、石灯籠の根を洗い
   飛び石の苔を湿おしつつ土に沁みいるしめやかな音を、ひとしお身
   に近く聞くことができる。まことに厠は虫の音によく、鳥の声に
   よく月夜にもまたふさわしく、四季おりおりの物のあわれを味わう
   のに最も適した場所であって、恐らく古来の俳人は此処から無数の
   題材を得ているだろう。されば日本の建築のなかで、一番風流に
   出来ているのは厠であるとも云えなくはない。総べてのものを詩化
   してしまう我等の祖先は、住宅中で何処よりも不潔であるべき場所
   を、却って、雅致のある場所に変え、花鳥風月と結び付けて、なつ
   かしい連想の中へ包むようにした。・・・・後略


人が生き生き、楽しく、創造的に暮らすための要素は、自然を上手に取り込めている家だと思うのです。

水や土や風や空や緑や火などが作り出す・・・空気や光(陰翳)や色や音や香りそして時間・・・すなわち、五感にはたらきかける要素をいっぱい持った家ほど豊かな家はありません。


30年も前になるでしょうか、ドイツのシェーネル・ボーネンというインテリア雑誌を購読していました。この時代をご存じの方は、皆さん懐かしい雑誌ではないかと思います。

その雑誌にグリーンルームのような広い部屋に便器がぽつんと一個配置してあるトイレの写真がありました。
その写真に、なんとも開放的な生理的快感を覚え、またこんな楽しいトイレの空間の作り方もあるのだ・・・と実に印象的で、それから、小さいトイレ空間にもなにか工夫をプラスして休まるトイレを提案したいと試みてきました。


仕事と子育てに休まる暇もないといった時代でしたから、ほっとするのはトイレ空間ぐらい・・・といった時代でした。さらに余談を続ければ、この感情、同年代の主婦(お客様)と随分共感し合ったものでした。

しかし、その写真への印象も、今思い返せば、日本のトイレのこんな豊かさに通じた感情であったのかもしれません。

まさに、私たちが子供のころの厠はこんな厠でしたから・・・。


提案者としても、生活者としても、トイレ空間のみならず、こんな感性(五感・六感)に働きかける家づくり目指して行きたいですね。
[PR]
by ico-project | 2011-07-29 12:14

谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』にみる日本の美

節電が求められる今夏、我が家も、LDのスポットライトを4個を外し、ダイニングのペンダント(LED)とフロアースタンドだけにしました。

大人だけの家族ですから、何の不都合もありません。

時々、部屋やベランダにキャンドルを灯して楽しんだりもしています。


明かりを落とした街や住まいに、暗い・・・といった意見だけでなく、何か新しい空気が感じられる気配もあります。

そんな中、谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を思いだし、再度読んでみました。
以前から素晴らしい随筆とは思っていましたが、今回は改めて、言葉の一つ一つが体に染み渡る気がしました。

日本の気候風土、気候風土に根差した建築、建築が生み出す空間、肌の色、肌の色を美しく見せる衣装や化粧、そしてそれらの中で築き上げられてきた
食やその器や道具・・・文化・・・を、「陰翳の作用を離れて美はない。」と語っています。

おおよそ80年も前に、明るく便利になっていく代償として、それによって失われていく『陰翳の美』を按じて、この随筆を書いている。

私も長く空間づくりに携わり、美的感性を養う源泉は『陰翳』と思ってきました。

少し、夜の明かりを落としただけで、『陰翳』の存在を思い出す・・・『暗い!』ではなく、『陰翳の美』という素晴らしい文化があったことを思い出す。

谷崎潤一郎も文末に書いています。・・・・・まあどう云う工合になるか、試しに電燈を消してみることだ。・・・・・と。


そうそう・・・、我が家の電気代、エアコンを省エネ対応に替えたこともあり、その他の節電努力も含めて昨年比25%(先月)のダウンです。



f0154243_12363572.jpg

我が家のグリーンカーテン…実際の室温における影響は調べられませんが、見た目の涼しさは大変大きいです。
[PR]
by ico-project | 2011-07-29 12:02

ホキ美術館建築探訪セミナー・・・LEDによる照明計画

先般訪れたホキ美術館で、『建物探検セミナー』がありましたので、参加しました。

写実絵画専門の美術館として話題となっていますが、また建築のデザインも注目されています。

設計は日建設計、担当者が自ら、コンセプトや設計のポイント、またこだわり部分、そして、オーナーや画家の方たちとのやり取りなど、実際の空間を見ながら説明してくださいました。


建築は美しいデザインです。


大変緻密な写実絵画を展示するために、極力空間をシンプルに、また必要な機能を目立たないように収めることに注力しています。

・観る、観賞するということを目的とし、例えば、大きな作品は距離をとって観れるよう、また小さな作品は近くで見れるよう空間がウェーブしています。

・ここはピクチャーレールがありません。一部構造体にスチールを用い、その構造体表しで仕上げた階はマグネットを使用し、自由に展示替えなどができるようになっています。
ちなみにRC造りの階は同デザインの壁掛けフックでした。でも確かにピクチャーレールがないとすっきりします。

・床/壁/天井はアイボリーで統一、地下2階部分は、チャコールで統一し、写実の繊細性を損なわないようなカーラーコーディネートです。

塗装仕上げの壁が外光を柔らかく反射し、写実絵画を引き立てています。

・しかしながら、各階ごとに、光の導入の仕方や天井高などに変化を持たせ、空間に変化とリズムを構成してして、その流れの中で、作品を楽しむことが配慮されています。

・私がもう一つ、いいと思いましたのが、床材です。美術館を歩きますと本当に疲れるのですが、ここは大変ソフトな感触で、疲れ方が違います。

材料は、陸上競技場や、ゴルフ場、また遊具の下などに用いられている、ゴムチップ舗装・・・マスターズウォーク・・・を使用、オリジナルカラーでの対応だそうです。

・この建築での一番の関心事が、天井/照明でした。
照明を全てφ64㎜のユニバーサルダウンライトで統一しています。すべてLEDです。全部で7300個の照明を使用しているとのこと、まるで銀河のようです。

そのデザインに同化するように、必要機能ながら見せたくない、空調やスピーカーなどを配置しています。

ちなみに、壁の手すりやサイン、天井の下がり壁なども、面に同化させたデザインで美しく一体化させています。

・照明計画については、当初ハロゲンも併用を考えていたそうですが、LEDの前に出る光、また色温度の調節による演色性・・・2700ケルビン及び3000ケルビンの2タイプの使い分け・・・の効果によってハロゲンは使わなくとも十分な効果を表現することが出来ています。

写実絵画は、言い換えれば光の絵画です。光によって対象物を表現しています。現代の写実絵画は、光をディフォルメして印象性をアピールした絵画が多い中で、一枚の絵画を多灯によってクローズアップする表現方法は、大変新鮮な印象を持ちました。

この照明計画については、照明の専門家にによる詳しいレポートがありますので、ご紹介します。
大変丁寧なレポートで参考になります。

光のデザインレポート【岡本 賢】カスタムライティング 照明器具から照明装置へ 「ホキ美術館」
2011年03月07日>>>http://www.shopbiz.jp/lf/column/cat414/77502.html

セミナー参加者のなかにも、照明の専門家らしき方々が目立ち、その関心度が強く窺われました。

大変具象性が高く情緒的な絵画と、それを展示するモダンでシンプルな建築空間のコントラストが印象的なデザインでした。


人気のセミナーのようで、また開催されるようですよ。

関心のある方はホキ美術館のホームページでご確認ください。
[PR]
by ico-project | 2011-07-02 15:33