アイシーオーのすまいづくり・インテリアづくり

cmico.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

東日本大震災 紙管と布の間仕切り

f0154243_12422730.jpg
坂茂さんのホームページより


大震災の避難所の生活が、大きな緊張感を伴い健康を阻害している状況を見て、何とかならないものかと思っていたころ、TVで間仕切りを提案した報道を見て関心を持っていました。

THE NIKKI MAGAZIN 6月19日号に建築家坂茂さん考案の、この間仕切りの記事が載っていました。

この業界(建築業界やインテリア業界)で目立った支援の動きが見えない中、とてもうれしい報道で、その発想と行動力に大変感動を覚えました。

坂さんとは、またこの活動の資金は・・・。

『東日本大震災 津波 支援プロジェクト』  http://www.shigerubanarchitects.com/SBA_NEWS/SBA_van.htm

この間仕切りの他に、仮設住宅3階建ての提案などもあり、仮設住宅の建築にはもっといろいろな提案があってよいのではないかと思っていたところに一石を投じています。

みんな何かできないかと思うところはあっても、手をこまねいている状況の中で、発想、行動力でリードしてくれる人がいることは、またそこにいろいろ知恵を集めていければ、大きな力となっていくのではと期待したいと思います。


『SHIGERU BAN ARCHITECTS 坂 茂 建 築 設 計』 のホームページは   http://www.shigerubanarchitects.com/

仮設住宅への居住年数を2年と想定していますが、今回の震災での復興にはまだ時間がかかることを想定しますと、もう少し居住性を考慮した提案があってよいのではないかと思います。

次の手段としては、公営住宅の建築が考えられますが、並行して検討していけるといいのではないでしょうか。

また、避難所での居住性向上について、仮設住宅の計画や実行についての動きに注目していきたいと思います。


f0154243_1243181.jpg
THE NIKKI MAGAZIN 6月19日号
[PR]
by ico-project | 2011-06-24 12:44

『幸』という漢字のルーツ

先週末の『クローズアップ現代』のテーマは『幸せのモノサシ~指標づくりの模索~』でした。

『幸せ』とは・・・と問の問いかけに、私たちなりにこだわりを持ってとらえていたこの『幸』いう字のルーツを、あらためて、漢字の専門家であり、書道家である本田蒼風さんに聞いてみました。

その漢字のルーツは、思いがけず重いものでした。


その語源は・・・、以下本田さんのご説明です。


その内容を本田さんのブログに掲載してくださいました。

幸せのモノサシ ~人それぞれの「幸せ」~




ルーツとは、正に多くの示唆を与えてくれますね。



バラの季節・・・京成バラ園・・・

f0154243_14191056.jpg


f0154243_14192524.jpg


f0154243_14215051.jpg


f0154243_14195863.jpg

[PR]
by ico-project | 2011-06-06 14:10

駅の節電・・・弱視者への影響

今日の朝のニュースで、駅の通路等の節電で、弱視者の方々が大変困っていらっしゃることを伝えていました。

確かに健常者にとっては十分な明るさでも、弱視の方にとっては、大変な問題です。

節電は、こんなところにも影響を与えているのだな・・・と気づきました。

駅では、意見があったところは、点灯するとか、一部の通路を点灯するとかという対応を取っているようですが、一部といっても、使用者の出入口が正反対のところでは、そこへ回るのも大変ですね。

節電は、今だけの問題ではなく、これからの社会の一般ルールになって行くのですから、対応を考えていかなければならない課題です。

もちろん「今」の問題は問題として対応しなければいけませんね。

生産性に影響を及ぼす工場や、安全に支障をきたす公共の場などは、節電対象からはずして行くべきと思います。

しかし、工場等も稼働時間帯を変えたりして自助努力を積極的に図って行っていますが・・・。

必要なところには送る・・・、節電できるところはさらに節電するといった検証が必要です。

先般入った蕎麦屋さん、照明を見ると、ほとんどがミニクリプトンやハロゲンでした。

ここを改善するには、器具を交換するしかないな・・・と思いながら、
それをするには、サンコルティングといったサポートや、器具交換のための一部助成金などがあると進めやすいのかななどと・・・一人思いながらの昼食でした。

話は戻りますが、点字ブロックや標示にLEDなどを組み込み、誘導してはどうだろうと調べてみますと、ありました・・・
、「三鷹駅北口LED点字ブロック- 視覚障害者歩行支援LED点字ブロック -」です。

f0154243_17412826.jpg

f0154243_17503280.jpg

f0154243_17423623.jpg

・・・写真はいずれも上記岩崎電気のホームページより・・・


これが、どれくらいの弱視者の方のサポートになっているのかはわかりませんが、いろいろ研究が進み、こういった、対応が進んでいくとよいと思います。

あまり何もかも性急に極論で判断したくはありませんが、長期的には照明計画のみならず、建築的な手法や、さまざまな領域で技術の開発によっての節電を進めていくことが求められますね。

また可能なことと思います。
[PR]
by ico-project | 2011-06-02 17:43