アイシーオーのすまいづくり・インテリアづくり

cmico.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

鎌倉すざく 「久野秀晴による野の仏展」

f0154243_954139.jpg鎌倉すざくは、鎌倉の竹炭を商うお店です。


炭の置物から食品や布製品などの加工品、そして建築に関わる壁塗り材まで、炭のもつ特長を生活や空間に活かす物やサービスを提供しています。



この店は鎌倉の長谷寺の参道を出たところにあり、古い商家を改装して造られました。
ファサード等当講座の講師、藤田享がデザインしました。

そんなご縁のお店で、これまた知人のご主人が描いた、野仏の墨絵展が開かれましたので、休日行って参りました。


f0154243_957295.jpg


炭格子館(店舗)は、床や壁に塗り炭を施し、白い漆喰とのコントラストがモダンな印象で、古民家の意匠に良く似合います。

f0154243_9591763.jpg


塗り炭の効果のほどは、いろいろ実証されてきています。
f0154243_1043894.jpg塗装した壁が呼吸しながら空気中の汚れや匂い、余分な湿気を吸着・浄化。さらに赤外線効果でリラックスも誘います。またカビの発生を抑えます。

カビや有害な化学物質の影響は目に見えないところで深く進攻しているだろうと思われます。

炭は健康環境の一つの素材です。



f0154243_10174713.jpg久野秀晴さんの野仏も墨絵です。

墨というのは一つかと思いましたら、墨にも色があるそうな・・・、久野さんの墨絵はちょっとブラウンがかった墨で、暖かで穏やかな表情の野仏にぴったりの雰囲気でした。
どの表情もどこか描かれた久野さんをイメージさせるような暖かな仏様です。







このお店の改装が、長谷寺の参道にぴったりの雰囲気で、他のお店も同様のデザインで改装を・・・というお話が進んでいるとのこと。
墨の効果といっても、聞いてはいるものの、なかなか空間に取り入れて計画するというまでには時間がかかります。
地域や人のつながりのなかで、身近に知っていただくことが、何よりの基本などだということをあらためて考えた機会でした。

長谷寺には、梅や木瓜、蝋梅といった花が咲き始めていました。
由比ガ浜の眺めも美しく、鎌倉散策を兼ねて出向いてみてはいかがでしょう。





f0154243_10563654.jpg

[PR]
by ico-project | 2011-01-19 10:07