アイシーオーのすまいづくり・インテリアづくり

cmico.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

千葉大学付属病院 小児病棟の壁画

身内の入院で、数日看病のために泊り込みをしました。

小児病棟は明るく暖かな印象の病棟で、感動したのが壁画です。

1階のエレベーター周辺からその壁画は始まります。

エレベーター~ホール~病棟の廊下全てに、まるで絵本のように壁画が描かれているのです。

小児病棟は、親も付き添っての入院になります。

子供の苦しさは勿論ですが、付き添う者の負担、心労は大きなものです。

それらが、この壁画でどれだけ慰められるだろうと、その試みに感動しました。

早速調べてみると、千葉大学の教育学部の教授を中心に、その卒業生や学生たちで作り上げたものと
の事。


その壁画のコンセプトや製作風景、完成した壁画の紹介が加藤教授やリーダーの伊藤香奈さんのブログで紹介されていました。


              人の気持ちや価値を紡ぐ

              壁画作成の様子はコチラを
        
              壁画完成はコチラを

              こんな活動も・・・

              伊藤香奈さんのブログ


人を元気にさせる、町を美しくする、ワクワクさせる・・・「アートをつくる」活動は、私たちの空間づくりのコンセプトともあい通ずるものを感じています。

そして、この町にこんな活動があったのだとうれしくなりました。これからも注目していきたいと思います。


病院でもう一つ感じたこと、内装は特にこったものではありませんが、柔らかなクリーム色と明るい木質でコーディネートされており、また照明は間接光で、限りなく柔らか・・・とても優しい空間でした。




(インテリアだけではありません。先生方や看護士の方々も大変行き届いたの対応で、安心して過ごすことができました。無事退院お礼申し上げます。)







060.gif日本ブログ村に参加しています。にほんブログ村 デザインブログ 空間デザインへ
[PR]
by ico-project | 2010-10-29 16:04

アグリー・ベティのインテリア

昨夜テレビを見ていましたら『アグリー・ベティ4』をやっていました。

このインテリアの計画なかなか力が入っていますね。

専門家が入って徹底して作りこんでいます。



職場は、モダンでシンプルなインテリア、色使いも白にビビッドなオレンジといったシャープなコーディネート。


f0154243_1728365.jpg

f0154243_1728215.jpg

                   以上interior design より



反対に住まいはベティ家族の民族性を感じさせる、フォークロアなインテリアで、色や柄を思いっきりカラフルにまた個性的に使っています。


f0154243_1746293.jpg

f0154243_17464555.jpg

                   以上setdivision.comより



インテリアが、ベティの人物性を対比的にまた同一的に浮き上がらせているのが面白い。
ファッションも含めて楽しめます。



またカメラの力も感じます。
人物とファッションと背景のインテリアの構成が、大変意識されているのです。
この空間にこんな色使ってあったかしら・・・、と思う場面も・・・。




ストーリーも面白そうです。








060.gif日本ブログ村に参加しています。にほんブログ村 デザインブログ 空間デザインへ
[PR]
by ico-project | 2010-10-28 17:29

灯火親しむべし

日めくりカレンダーの今日のことわざです。

暑い暑いと言っていたのはいつのことやら、なんと急に暖がほしくなるほどの冷え込みです。


カレンダーに目をやると「灯火親しむべし」。『火』という文字に視線が引き込まれました。
意味は、『長い秋の夜は、灯火の元、読書に適している』という意味だそうな・・・、しかし、燈火というより暖房の火が恋しくなるような寒さです。



f0154243_1634972.jpg

さて、現代の燈火はスタンドですが、スタンドの光っていいですね。

一日の仕事を終え、ソファに体を沈めたときの安堵感、くつろぎ感、そんなときの光はスタンドがぴったりです。
そして、一つのスタンドが、昼間とは全く違った豊かな空間性を作り出してくれます。




f0154243_16315312.jpg


私が基本としているライティングプランのコンセプトは、必要最小限の照明で最大効果です。

建築に付随する照明は、できるだけ少ない点数で、基本の明かりを確保する・・・ということです。
1室に全体照明が一つ、
絵や置物など強調したい部分にアクセント照明を一つ、
食卓などの部分照明は必要に応じて、
後は、それぞれの部分に、スタンドをお勧めするようにしています。


f0154243_1673237.jpg



光としてのスタンド、
インテリアオーナメントとしてのスタンド、
オブジェとしてのスタンド、
秋の夜長を、味わいのあるスタンドで過ごされてはいかがですか。






f0154243_1591611.jpg








060.gif日本ブログ村に参加しています。にほんブログ村 デザインブログ 空間デザインへ
[PR]
by ico-project | 2010-10-27 19:51

日射の遮蔽・・・暑い夏への対策

10月を迎え、朝晩だいぶ涼しくなりましたが、日中はまだ半そでで過ごせる陽気です。

今年の夏の暑さは骨身に応えました。

我が家も何とか少しでも涼しく過ごせる工夫をしなければと来年を心配しています。

そんな時、インテリアコーディネーターハンドブックに『窓の日射の遮蔽』についての項目を見つけました。

とにかく、日射を室内に入れないこと・・・これが第1です。

皆さんひさしをつけましょう。

それから外部にすだれを吊るポールやフックを装備しましょう。





以下、インテリアコーディネーターハンドブックより


f0154243_1263957.jpg







060.gif日本ブログ村に参加しています。にほんブログ村 デザインブログ 空間デザインへ
[PR]
by ico-project | 2010-10-08 12:06

量産メーカーの部材を使って

ニッチやパーテーション、デスクや棚、カーテンボックスや間接照明、それぞれの空間を豊にデザインしご提案して行きます。

以前はそんなご提案の部材も全て特注で作っていましたので、ちょっとした提案が、思わぬ費用になってしまい、実現が難しいといったことが多くありました。

それでは、せっかく喜んでいただけるご提案も具体化しません。

近年量産メーカーの部材が大変多くなってきました。

ご提案したデザインを実現可能なご予算でどう、具体化するか。
腕の見せ所です。

そういった計画が得意なのもインテリアコーディネーターです。

インテリアコーディネーターは内装を決めるだけではありません。


f0154243_117017.jpg

f0154243_1175575.jpg

f0154243_1171977.jpg
f0154243_1173432.jpg







060.gif日本ブログ村に参加しています。にほんブログ村 デザインブログ 空間デザインへ
[PR]
by ico-project | 2010-10-08 11:08