アイシーオーのすまいづくり・インテリアづくり

cmico.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「大琳派展  継承と変奏」

f0154243_18453889.jpg

f0154243_18434884.jpg


東京での打合せの後、東京国立博物館で開催されている「大琳派展-継承と変奏」を見てきました。金曜日は夜8:00まで開館していますので、ゆっくり観覧できます。
本阿弥光悦の生誕350年ということでの記念展で、これほど多くの作品を一同に見ることの出来る機会をとてもうれしく思いました。

f0154243_1841299.jpg


本阿弥光悦、俵屋宗達、尾形光琳、尾形乾山、酒井抱一、鈴木其一と200年に渡る美の継承者たちの作品は、まさに日本の宝、日本人であることの喜びを感じます。
会場に入ると、まず「月に秋草図屏風」が圧倒的な迫力で迎えてくれます。次から次に「すばらしい!」の一言です。観覧しおわった時には、力が入りすぎたようで、くたくたになってしまいました。

彼らは、アーティストであるとともに、書家であり、工芸家であり、グラフィックデザイナーであり、インテリアデザイナーであり・・・、それらの作品は、襖絵、屏風、掛け軸、文箱や調度品、書画・巻物、茶碗、小袖など生活全般にわたるもので、その多くが空間を飾るインテリアアートであったことを再認識しました。これらが置かれた空間はなんと華やかであったことでしょう。

光悦や宗達に続く人たちが、彼らの作品に感動を受け、模倣し、新しい感性で新しい作品を作り継ぐ、その「美」の力にまた感動します。
中学生の頃、尾形光琳の「燕子花図屏風」の燕子花の美しさに感動して、その花を真似て賞をいただいたことを思い出しました。
対象物を図案化ともいえるほど、シンプルに余分なものをそぎ取り表現した作品はモダンなグラフィックアートのようです。「美の極み」ですね。

大琳派展-継承と変奏

掛け軸の表装もすばらしい。全てが同時代の物であるかどうかは知りませんが、作品にあわせた、図柄、色、構成は、掛け軸自身、作品としてすばらしいです。
鈴木其一の掛け軸など、絵が表装まで飛び出して描かれており、軸全体を作品としています。時折、額装品などにも見受けられますが、その斬新さは格別です。

光悦の茶碗が3点展示されていました。これを作ったであろう時の息を止めて、へらを動かす緊張感が伝わってくるような「雨雲」、「紙屋」は熟して形が崩れた柿が無作為に置かれたような、自然と同化した一瞬を切り取ったような・・・、どうしたらこんなものを作れるのか。

28日からは4人の「風神雷神図」が一同に会するというそうな・・・。もう一度見ておきたいと思います。

会場で、「カーサ・ブルータス」11月号に、琳派と民藝の特集を見つけました。美術史家の水尾比呂志先生の解説に、日本のデザインのベースとしての琳派と民藝を比較して語っておられます。片や、縄文的民藝、弥生的琳派、全く異なった成り立ち、性質であるが、ともに生活の中で「用の美」を全うすると・・。

f0154243_1973929.jpg

f0154243_1975997.jpg



なんだかとてもうれしく感じました。


f0154243_18471749.jpg

f0154243_18483163.jpg








060.gifなにか感じていただくものがございましたらコチラを・・・にほんブログ村 デザインブログ 空間デザインへ

□■□プロのための「手描きスケッチパース通信講座」へはコチラから□■□
[PR]
by ico-project | 2008-10-25 18:49

薔薇が咲きました

雨になりました。秋の薔薇が、雨に打たれています。咲いたら切って飾ろうと思っていました。

この薔薇は、白い薔薇と一緒に、事務所のベランダで育てています。

暑い夏はみずやりが大変です。休日も水だけあげに会社に来ます。

美しく咲いてくれるとうれしいですね。

あまーい香りです。



f0154243_18301524.jpg
f0154243_18302586.jpg
f0154243_18303692.jpg







060.gifなにか感じていただくものがございましたらコチラを・・・にほんブログ村 デザインブログ 空間デザインへ

□■□プロのための「手描きスケッチパース通信講座」へはコチラから□■□
[PR]
by ico-project | 2008-10-23 18:31

インテリアデザインについて

□インテリアデザインとスケッチパース□

ブログをはじめて100回あまり、ここ数年の事例を取り上げてみて、あらためて、お客様のこだわりや、またコンセプトが明快であるものは楽しく、また魅力的であると再確認しています。

デザインには合理性がなければ、意味がない・・・価値がないと思っています。
もちろん「遊び」という価値もあるので、全てが無意味ということではありませんが・・・。
そして、その理論(生活空間として求められること)を多くの経験の中で構築してきました。

住宅という、人が住まう空間を私たちは仕事としています。「価値」はすなわちお客様の価値です。
お客様がお金を払ってその空間や物を求める・・・お客様に御代をいただく価値があるかどうか・・・それが私たちの提案であり、デザインを見極めるところとなっています。

心を豊かに安らかにするデザインを目指して行きたいものと思います。


10月から「手描きスケッチパース通信講座」が始まりました。
スケッチパースは表現技術の一つですが、そこで大切なことは、何を表現(提案)するかだと思っています。


描くことは、それを考えることにつながります。そして描くことはデザイン力を養うことでもあります。
お客差にとって意味あるデザインを造り、表現する、そんな技術を持った人たちが大勢になれば、それだけいい住宅がいっぱいになるのではないかと・・・わくわくしますね。


f0154243_20265236.jpg


f0154243_203057.jpg





□■□プロのための「手描きスケッチパース通信講座」へはコチラから□■□
[PR]
by ico-project | 2008-10-16 20:20

川村記念美術館 

□モーリス・ルイス展□

f0154243_1939557.jpg
10月も早半ば、すっかり秋めいてきました。
金木犀の香りに、季節の深まりを感じます。

休日千葉の川村記念美術館に行ってきました。

川村記念美術館は、DIC株式会社(旧大日本インキ化学工業株式会社)の研究所の敷地内にあり、DICのコレクションを展示しています。


今モーリス・ルイスの企画展が開催されていると言うことで出かけました。

美術館は少し増改築されていました。

増改築の資料が公開されています。  →「川村美術館2008年増改築資料」

・・・資料を見ますと、少しどころではなかったですね。

常設のバーネット・ニューマンの大きな赤の作品<アンナの光>を展示するための部屋が作られていました。圧巻です。真っ白の部屋にひときわ赤が輝きます。昼過ぎに見たときには、窓から白い光が入って、清清しい印象でしたが、夕刻再度入ってみますと、なんと、ガラスがグリーンなのです。(・・・これも資料によるとフィルムかもしれません)深い森の中で見るような印象に、昼間とまた異なった印象にびっくりです。作品と空間とのコラボレーションですね。すばらしかったです。
上記増改築資料の中にニューマンルームの紹介もあります。是非見てください。

モーリス・ルイスの作品もすばらしいです。
アクリル絵の具のいろいろな色を何層にも重ね、美しい色層を作り出してます。
住まいのダイニングをアトリエとし、誰にも制作する姿を見られることなく、また生前展示されることはほとんどなかったという、なぞめいた画家です。

f0154243_2025327.jpg


作品を見たら、園内を散策しようと思っていたのですが、たっぷり閉館近くまで、作品や館内を楽しみました。

f0154243_19393668.jpg
f0154243_1939543.jpg
f0154243_19401496.jpg
f0154243_19404021.jpg
f0154243_1941221.jpg
f0154243_19412092.jpg






060.gifなにか感じていただくものがございましたらコチラを・・・にほんブログ村 デザインブログ 空間デザインへ

□■□プロのための「手描きスケッチパース通信講座」へはコチラから□■□
[PR]
by ico-project | 2008-10-15 19:25

外観の表情 外観+エクステリア

□アプローチのデザイン□

f0154243_20154327.jpg

建売の外観とアプローチのご提案をした事例です。

建物は、総2階のシンプルな建物に、外観部分が張り出した形状の建物でした。その仕上げと、カーポートを含めたアプローチの計画です。

玄関の張り出した部分を、木目のサイディングで、他は白を用いシンプルに・・・。

建物はシンプルでも、アプローチのデザインを含めて、表情豊かな外観のデザインとなりま
した。

カーポートの面積って結構広いのです。ここでは、植栽やタイルでストライプや格子の
パターンを・・・。モダンですっきりとしたラインが、モダンな外観を引き立てます。

f0154243_20161128.jpg

f0154243_20162680.jpg





060.gifなにか感じていただくものがございましたらコチラを・・・にほんブログ村 デザインブログ 空間デザインへ


□■□プロのための「手描きスケッチパース通信講座」へはコチラから□■□
[PR]
by ico-project | 2008-10-07 20:18

AVキャビネット&ボード

□薄型テレビの収め方□

f0154243_20382037.jpg



壁掛けのテレビや薄型の大きなテレビは収め方やおき方をしっかり検討しておくことが必要

です。事例は、無機的で冷たい印象のテレビが、空間の中に納まるとき、唐突な印象になら

ないよう、キャビネットや背面のボードの一体感を持たせて計画した例です。テレビも含めて、

空間全体の中でのボリューム感を把握して、色や素材や分量を検討します。



f0154243_2035658.jpg





060.gifなにか感じていただくものがございましたらコチラを・・・にほんブログ村 デザインブログ 空間デザインへ



□■□プロのための「手描きスケッチパース通信講座」へはコチラから□■□
[PR]
by ico-project | 2008-10-01 20:39