アイシーオーのすまいづくり・インテリアづくり

cmico.exblog.jp
ブログトップ

床の間のデザイン

最近、和室も従来の伝統的な様式から、モダンなデザインを好まれるようになってきました。

畳は縁なし、障子の代わりにシェードやスクリーンなどのウィンドウトリートメント、塗り壁に代わり、クロスが用いられ、床座のタタミルームといった方が適切な空間が多く目立ちます。

従来床の間であった空間も、できるだけ収納がほしいとの事で、押入れやクローゼットとなってしまうケースも多く見受けられます。

しかしそれでも、客室として使う和室にはやはり床の間がほしいといった要望も多く聞かれます。

床の間は、従来貴人の座する場であったり、季節毎に掛け軸や花、坪や書簡や装飾品などを飾って客人をもてなしたり、楽しんだりする空間でした。

そんな和の心を大切に、空間の広さやデザインに合わせて、楽しむ空間を計画したいものです。

f0154243_16523871.jpg

f0154243_16465639.jpg

f0154243_1648059.jpg

f0154243_16495852.jpg

f0154243_17103933.jpg

f0154243_17141785.jpg








060.gifなにか感じていただくものがございましたらコチラを・・・にほんブログ村 デザインブログ 空間デザインへ

             ・・・計画のご相談もお受けしています・・・
[PR]
by ico-project | 2008-11-25 16:52