アイシーオーのすまいづくり・インテリアづくり

cmico.exblog.jp
ブログトップ

ワイス・ワイスの「グリーンプロジェクト」

「国産材で家具をつくる」家具メーカーの取り組みのご紹介です。

森林資源の破壊は、地球環境や私たちの生活に関わる大きな問題です。
東南アジアやロシア極東などで違法伐採が進み、資源が大きく破壊されています。
それらの木は正規のルートばかりではなく、闇のルートを通じて私たちの国に入ってきているものも多くあるのだそうです。
激化する価格競争、中国などの新しい需要の増加は、材料取得の競争を生み、知らず知らずのうちに、自然破壊に加担している・・・、そんな実情に見切りをつけ、ワイス・ワイスの佐藤社長は4年前、「グリーンプロジェクト」を立ち上げられました。

自社の家具で使う材料の履歴をはっきりさせることからはじめ、新たに国産材での家具製作を目指してこられました。

その4年の成果が今回の発表会です。
新作家具の発表に当たり、それぞれの家具の製作のプロセスやその商品のポイントなど、四夜連続のセミナーが開催されています。

昨日は初日、宮城県諸塚村のクヌギで作るダイニングテーブル・チェアー・スツール・ベンチです。

諸塚村のお話、取り組み、シイタケ栽培に用いるクヌギのこと、家具のデザインや製作にまつわることなど、かかわった人たちの臨場感あるお話はとても楽しく、面白く、そして参考になりました。

毎度感じることですが、自然の素材を扱う仕事は、みんなをとても自然に・楽しく・穏やかに・そして元気にワクワクさせます。

近くであれば、全部(4回4夜)ききたいところです。

建築のみならず、家具製作にもこのような取り組みが広がってきていることを、とても頼もしくまたうれしく思います。

どんなご協力ができるかな・・・、私にできることは販売することかな・・・なんてことを思いながら帰路につきました。

人数に制限がありますので、これから間に合うかどうかですが、関心のある方は
コチラを>>>「新作家具発表会&連続セミナー」

ワイス・ワイスの「グリーンプロジェクト」については>>>コチラを。
[PR]
by ico-project | 2012-10-31 16:58