アイシーオーのすまいづくり・インテリアづくり

cmico.exblog.jp
ブログトップ

TV放送 「食彩の王国」

f0154243_9535494.jpg毎週土曜日9:30~10:00テレビ朝日で放送されている「食彩の王国」をご存知ですか?

土曜日休みの時、見ることの多い番組です。そろそろTVを消そうかと思う時間に始まり、ついつい見てしまいます。

番組HP http://www.tv-asahi.co.jp/syokusai/
制作会社番組紹介HP http://www.tvu.co.jp/program/shokusai_201204/


毎回違った食材を取り上げ、その食材の歴史や意義、こだわりを持って作ってきた人々の歴史、使う人、そのレシピなど、見ていてとても心豊かにしてくれる番組です。

番組概要をそのままコピーすると、

            ◇◇◇

~食彩の王国とは~

「スローフード」という言葉が
昨今言われています。
「自然食」がブームとなり、
「産直」が人気を呼び、
職人手作りの「特選の味」が
求められる…。
“食”に関する現代社会の志向、
ムーブメントを、「食材」という
切り口から見たらどうなのか?
「鯛」「松茸」「里芋」「小豆」
といった、日本人に馴染みの深い
食材に私達は何を発見するのか?

答えは…「時間」。

ひとつの食材に秘められた
人類と食に関わる文化の歴史。
あるいは、ひとつの食材が
生み出されるための手間とヒマ。
そして、食べる側が、ひとつの
食材を手に入れる(つまりは出会う)
ための喜びの総体。
この番組では、そうした「食材」の
中に流れる時間を語り映像化します


            ◇◇◇

その食材にまつわる文化をとらえているのです。

ちなみに21日、今日のテーマは『バター』でした。
これから、バターへ敬意をもって接することになりそうです。

調べてみると、この番組「株式会社テレビマンユニオン」という会社の制作なのです。
http://www.tvu.co.jp/

ほとんど名前を聞くことはありません(知りませんでした)が、数多くの受賞番組をつくってきている会社なのですね。
NHKの『美の壺』もそうです。

1970年東京放送を独立したディレクターを中心につくられた、日本で初めての独立した制作プロダクションということ。
その「テレビ論」「演出手法」「下請けからの脱却」「積極的な営業」「経営手法」などを見ますと、テレビマンとしての志向を実現するための活動が垣間見えます。

詳しくはコチラを・・・。


TVはどうなるのだろうと思わされることがおおいなか、このような制作会社があるのかと・・・、今後他の番組もまた機会があったら見てみたいと思います。
[PR]
by ico-project | 2012-04-21 21:33